探偵の瞳は何を目撃するのか?

浮気調査の期間に依頼者がやってはいけないことがある

浮気の証拠を掴むために探偵の浮気調査を利用する人たちが増えています。
自分で調査をするよりも、有効な証拠を押さえる事が可能で裁判などでも役立つためです。

ですが浮気調査は、依頼をしてすぐに結果が出るとは限りません。
そのため、つい浮気調査を依頼しても、まだ探偵の調査が続いている間に余計な行動をしてしまう人も少なくないのです。
でも、こうした依頼者の行動が探偵の浮気調査によくない影響を与える事もありますので、簡単にご説明します。



浮気調査中に、やってはいけないNG行動はコレ

浮気調査を台無しにしてしまわないように、調査期間中に依頼者がやってはいけないNG行動について覚えておきましょう。

自分で調査をすること

浮気調査期間中に絶対にやってはいけないこと、それは自分で独自に浮気調査をすることです。
これはどんなに些細なことであってもやらない方が賢明です。
自分で尾行をするなんてもっての他ですし、GPSや盗聴器などを車に取り付けるといった事もしてはいけません。
とにかく、浮気調査がスタートしてからは、自分でも浮気の証拠を掴もうと行動に移ることだけは絶対にしてはいけないNG行動です。

普段と違う言動をしてしまうこと

浮気調査中に普段と違う言動をするのも避けましょう。
相手に対していつもとは違う態度をとったり、普段はしない発言をするなどはしたりせず、いつも通りを心がける事が大切です。
自分で浮気調査をすること、と似ていますが、相手のスマホやパソコンを見る、鞄や洋服のポケットをあさるという行動もNGです。



浮気調査に協力するのが全部いけない?

浮気調査に協力をしたいと思って、上記の行動をとろうとしてしまうこともあるかもしれません。
そうした人にとっては、どうして浮気調査中に上記の事柄を行ってはいけないのか、疑問に思うでしょう。

理由ですが、まず、自分で浮気の証拠を掴もうと行動をすると、相手にばれる可能性があるからです。
もしターゲットに浮気調査をしている事を気づかれてしまうと、その後の調査を続行出来なくなってしまうでしょう。
普段とは違う言動も、ターゲットの警戒心を強めてしまいます。


「浮気がバレているかも…」と不安な気持ちにさせたり、警戒心が強めてしまうと、調査期間中には浮気行動を控える可能性が出てきてしまうのです。

そうすると、尻尾を出さず浮気の証拠を掴めなくなってしまいます。
良かれと思っても、探偵の足を引っ張る行為です。

いくらプロの探偵であっても、浮気をしないひとの証拠を押さえることは出来ないでしょう。

浮気調査に協力するのが全部いけない、というわけではありません。
浮気調査に協力をしたい、と考えるのであれば、探偵に聞かれた情報をできるだけ詳しく、分かりやすく提供することが一番ベストです。



浮気調査の費用を無駄にしないためにけじめを

一度探偵に浮気調査を依頼したなら、後は調査員に全てを任せて結果を待つことをお勧めします。
依頼者の安易な行動により、探偵の浮気調査プランが台無しになってしまうこともあるのです。
そうなると、料金プランによってはお金だけが無駄になる可能性もありますから、余計な行動はしないようにしましょう。

また、調査を依頼してからの余計な行動はNGですが、浮気調査を依頼する前に自分の出来る範囲で証拠を集めるのは悪い事ではありません。
その方が調査日を絞れるなどのメリットがあります。
ですから、自分で行動をするなら依頼をする前に、そして浮気調査期間中には大人しく待つようにけじめをつけて下さい。