探偵の瞳は何を目撃するのか?

人探し調査を依頼する前に、準備しておきたい情報とは

「家出をした家族を見つけ出したい!」「古い知人の行方を知りたい…」と、探偵に人探し調査を依頼するケースがあるでしょう。

人探しは事件性が高くない限り、警察は動いてくれません。
そういった人探しは、探偵に依頼をするのが賢明です。

ただし、探偵任せにするのではなく、依頼前に有益な情報を準備しておくのがおすすめです。良い結果に結び付きやすくなる上に、料金も安く済むからです。

そこで、人探しを探偵に依頼し、良い結果をもたらすために、準備しておきたい情報をまとめてみました。

準備する『探したい人物の情報』

探したい人物の情報は、できるだけ多く準備しておきたいものです。
特に最新の情報になるほど、人探し調査には有効となります。

可能であれば、以下の情報を用意しておきましょう。

氏名や生年月日の基本情報

氏名や生年月日の基本的な情報は、人探しをする際に様々な場面で活用できます。
人探しの理由によっては、偽名や嘘の生年月日の可能性もありますが、それが手掛かりになることもあります。

これまでに住んでいたことのある住所

人探しの対象となる相手が、これまで住んでいた住所も準備しておきたい情報です。
詳しい住所が分かっているほうが望ましいものの、大体の場所、県や街といった地域だけであっても用意しておきましょう。
知っている中で一番新しい情報だけではなく、出生・出身地など過去の住まいから手掛かりが見つかることもあります。

学歴や職歴

学歴や職歴の情報から、現在何をやっているのか、探偵が予想できるかもしれません。
また、同級生や同僚といった線から情報を入手できるケースもあります。
例え偽情報だったとしても、嘘の中から真実や人探しのヒントが見つかることも。
ですから、これまで聞いたことのある学歴や職歴は、できるだけ思い出して準備しておきましょう。

相手の残していった所有品

や持ち出した品家出などの場合、相手の残していった所有品から手掛かりとなる情報が見つかることもあります。
特に手帳やパソコンなどがあれば、中身をチェックしてみましょう。
ネットショッピングの購入履歴、閲覧していたWebページなども重要なヒントになるのです。

また、逆に持ち出した物から情報が入手できることもあります。
スマホを持っていったのか、所持金はどのくらいか、生活用品の持ち出しはあるのか? など調べておきたいものです。

最近の様子

人探しの対象となる人物の最近の様子も、まとめて情報提供すると良いでしょう。
どんな理由でいなくなったのか、行き先や頼れる相手はいるのか? といったことが分かります。
これらの情報は、人探し調査をする上で大いに役立つものです。
最近の様子がわからない場合でも、一番最後に会った時・会話した時の様子・状況を思い出すことは人探し調査に役立ちます。

写真

人探しでは、対象人物の写真を使った調査も有効。
顔の特徴がよく分かる写真、全身が写っているものを複数枚準備しましょう。
最近、撮影されたものがベストですが、昔の写真でも構いません。

また、車やバイクなどもなくなっている場合は、車体の写真も準備しておくと、探偵の調査がしやすくなります。
もちろんナンバーも一緒に提供しましょう。